ホーム スタッフブログ 【Miele洗濯乾燥機入替事例】

【Miele洗濯乾燥機入替事例】

Miele:WT2670→WTH120WPMビルトイン入替

 

ビルトインに対応しているMieleランドリー機器は、現在(2020.11時点)洗濯機W1タイプが最大容量9.0kgタイプ1機種、洗濯乾燥機WT1タイプが最大容量8.0kgと7.0kgタイプの2機種に分かれている。旧タイプが最大容量5.0kg程度だったころから比べるとだいぶん大きくなっている。

ビルトインの場合有効幅と高さには変更はないが、内部容量の増えた分、機器奥行寸法が5cm程大きくなっている。5cmだけのことだが、新築やリフォーム時に洗面台を造作してMieleランドリーをすっきりと納めていたお客様からすれば、若干飛び出してくるのが気になるという声をたびたび伺う。

今回のお客様にも事前に前述のご説明をして少し前に出てくることの了解を得て入替している。

結果、写真の様に納まっている。左側が壁面でドア枠まで余裕があるので、若干の機器の飛び出しは左程気にならないと仰っていただけた。

それよりも、機能面が良くなって日本語の表示も出て、洗剤自動投入TwinDos(ツインドス)もついているので、よりわかりやすく、使いやすくなったと喜んでいただけた。

日々テクノロジーの進化と共に家電製品も進化している昨今、我々販売する側も頭を柔軟に切り替えてマイナス要因を上回るプラス要因に目を向けてお客様に喜んでいただけるように、これからもMiele機器をお勧めしていきたいと思った瞬間でありました。

皆様に引き続き、Miele機器で快適ライフをご提供いたします。

 

After                                                          Before